箱庭療法記

人々がきらきらする様子に強い関心があります。

1年かけてアイマス小説書いたから紹介する

1年間かけて『七尾さんたちのこと』という小説を書きました。

七尾百合子たちが主人公青春アイドル群像小説です。

1年間かけてpixivにて連載しており、このたび、同人誌即売会にて書籍版を頒布する運びとなりました。

本書は文庫サイズで360ページと大ボリュームです。

読了にはおおよそ3時間から4時間程度掛かるでしょう。

ボリュームだけで敬遠される方もいるかもしません。

しかしながら、私は一人でも多くの皆さんに『七尾さんたちのこと』を読んで頂きたいと考えています。

そのため『七尾さんたちのこと』がどのような小説なのか、3時間の小説を3分で紹介します。

ネタバレは一切ありません。

 

続きを読む

200222 高山紗代子に「他の星から」やってほしい話

 

アイマスも乃木坂も「他界」して長く、にもかかわらず、「他の星から」を聴くたびに想うのです。

「他の星から」を高山紗代子にやってほし~~~~~~~

続きを読む

200112 最近読んでいる漫画について

2019年の10月ごろから急に漫画を読み始めたので、備忘録を兼ねてまとめます。

2019年の春ごろまで、元より追っていた漫画家の漫画か、購読している雑誌に掲載されている漫画か、周りでの評価が固まった漫画かを読んでいたものの、ふと、自分でも探して読んでもいいのでは(むしろその方が好みに合致した漫画を見つけられるのでは)と気付きました。そのため、やや期間が空いたものの、冒頭に書いたように秋ごろから本屋で漫画コーナーをチェックするようになりました。

2019年春以降に読み始めて、2020年1月現在で連載を追いかけている漫画をいくつか紹介します。

 

『水は海に向かって流れる』(田島列島

いわゆる男女シェアハウスもの。男子高校生の主人公・直達くんは、同じ屋根の下に暮らす26歳女性会社員・榊さんが「父の不倫相手の女の娘」だと知ってしまい――。

同じ屋根の下の住人同士でも、互いに住人について知っていることにはバラつきがあります。

例えば、シェアハウスの住人の一人に「おじさん(直達くんの母の弟)」がいます。彼は「姉の夫」が不倫していたことを知らず、直達くんは「父」が不倫していたことを知っています。このようにして、「父の不倫相手の女の娘」である榊さん関して知っていることについて、バラつきが生じています。

本作では、そのようなバラつき、情報の格差から起きてしまったトラブルに深い人間味が感じられます。有り体に言って、人間の観察があります。

こういうイベントちょっと羨ましいね、と、こんなトラブル本当に起こったらたまったもんじゃないですわ、の間を上手く縫ったストーリーが魅力です。

水は海に向かって流れる(1) (週刊少年マガジンコミックス)

水は海に向かって流れる(1) (週刊少年マガジンコミックス)

 

 

続きを読む

190930 お知らせ

 

私、吉﨑堅牢が代表を務めるアイマス小説サークル Interface-Tracking ENGINE は、2019年9月29日のカラマステンへの出展をもって活動を完了しました。

2014年9月に the Interface-Tracking ENGINE としての活動を開始し、この5年間、読者のみなさまや、友人のみなさま、ご協力くださったみなさまに支えられて、数々の小説を発表することができました。

深く御礼申し上げます。ありがとうございました。

 

続きを読む

190914 初めての夜のこと

初恋を覚えている。小学4年生のときに流行ったまじない「消しゴムに好きなひとの名前を書いて使い切るとかなう」に取り組んでいた僕の消しゴムを、八木くんが業間に見つけたことで、僕の初恋は学年のみんなの知るところになった。

「初めて」は記憶に刻まれる。

続きを読む